女性の薄毛が起こる理由

多くの女性が年齢を重ねていく上で感じていることの中に、髪の毛が細くなったり、髪の毛のハリやコシを失ったりすることで、全体的にボリューム感がなくってしまうということを挙げています。

このような女性の薄毛は、女性型脱毛症とも呼ばれており、女性ホルモンのエストロゲンの低下が大きく関係していると言われています。

エストロゲンは、髪の毛を発達させたり、成長期を持続させたりといった働きをもっており、髪の毛の成長に大きく関わっているホルモンなのです。

女性ホルモンのエストロゲンは、35歳をピークに減り始めていき、更年期を迎えるころの45歳から55歳になると、エストロゲンの減少によって髪の毛のヘアサイクルが乱れ始めていきます。

髪の毛の成長期は短くなる一方、休止期は長くなることから、薄毛が引き起こされてしまうのです。

同時に、甲状腺ホルモンの低下による薄毛も、男性と比べて女性のほうが断然多くなっています。

40代以降の女性の薄毛の多くは、ホルモンの低下によって引き起こされているのですが、10代、20代、30代と若い世代の女性の薄毛は、ダイエットが原因として引き起こされている場合が多いようです。

ダイエットをして1日の食事の回数を減らしたり、偏った内容の食事が続くことで、髪の毛自体に必要な栄養素が不足してしまうだけではなく、髪の毛の成長に必要とされるホルモン、そしてヘアサイクルと大きく関わっている自律神経のバランスを乱すこととなり、その結果、薄毛が引き起こされてしまうのです。

関連リンク⇒【女性の薄毛安心ガイド